事業への取り組み

 弊社は昭和26年に創業以来、トレーラーによる輸送において、鉄骨・橋梁などの重量物の輸送や海上コンテナの輸送を通じ着実にお客様の信頼を得てきました。平成16年には業界に先立ちデジタルタコグラフを導入。海上コンテナ部門やダンプ部門の車両にデジタルタコグラフを装着し、アイドリングストップ・急発進・急ブレーキの監視による排気ガスの発生抑制とエコドライブに努める等、積極的に環境にやさしい運転を弊社一同心がけ皆様の暮らしの縁の下の力持ちとなるべく社員一同切磋琢磨しております。
 平成28年には、予てより準備しておりました、ISO14001/39001を関連会社の日栄産業(株)関連事業所として取得し、国際規格に則った運営を行ってまいります。地球環境に配慮しながら、安全運転で「事故ゼロ」を目標にこれからも毎日の業務に励んで参ります。

 以下に実際の作業風景がございますので、ご覧下さい。

海上コンテナ部門(本社営業所)

TCCシャシープールで連結中
本社営業所
海上コンテナ輸送風景
東京海上コンテナ輸送事業協同組合
立体駐車場にて

厚木部門

砕石積込中
砕石積込中
地盤改良
地盤改良現場への運搬風景

倉庫部門

2万トンを収容できる冷凍冷蔵倉庫(山手冷蔵鞄結档鴻Wスティックセンター)
2万トンを収容できる冷凍冷蔵倉庫
(山手冷蔵鞄結档鴻Wスティックセンター)

▲ページのトップへ戻る